不眠症や体調不良はサプリメントで改善!健康促進ハピ成分

サプリメント

健康をキープする

重篤な病気を発症するリスク

「コレステロール」 は細胞を覆う細胞膜を構成したり、心身の活力を高める副腎皮質ホルモンや、脂肪の消化を助ける胆汁酸の成分にもなっています。 では、普段よく聞く「悪玉コレステロール」とは何なのか気になるところです。 「悪玉コレステロール」と言われるLDLコレステロールは、体の各所に必要なコレステロールを血流にのって運ぶ役割をしており、運びすぎると血管を詰まらせ動脈硬化になってしまうため、LDLコレステロールが「悪玉」と言われているのです。 この「悪玉コレステロール」が増える原因は、肥満、食生活、運動不足などの生活習慣にあります。この生活習慣を改善しない限り、動脈硬化から心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの重篤な病気を発症するリスクからは逃れられなくなります。

健康維持のために気を付ける事

実際にどんなことをすると「悪玉コレステロール」が増えるのかというと、肥満になると中性脂肪が高くなり「善玉コレステロール」が減少してしまいます。さらに「善玉コレステロール」は、余分な「悪玉コレステロール」を取り除く働きがあるため余計に減少してしまいます。 そして、食の欧米化が進み、揚げ物や高カロリーのおやつや食事を摂ることで「悪玉コレステロール」を多く含む食品を過剰摂取することになります。 また、運動不足になると中性脂肪が高くなり「善玉コレステロール」が減少するのです。 他にも、喫煙、ストレス、アルコールの過剰摂取に寝不足などさまざまな原因がありますが、どれも中性脂肪が増加することで「悪玉コレステロール」を増加させているので、中性脂肪を増やさない生活を心がけることで健康な体を手に入れることができるのです。