不眠症や体調不良はサプリメントで改善!健康促進ハピ成分

サプリメント

脂質を正常にする

脂質異常症とは

脂質異常症とは血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が必要以上の量となり血管の壁にコレステロールが溜まり血管が狭くなる症状をいいます。会社などで毎年行われる健康診断でldlコレステロール値が基準値より高いと診断された人は脂質異常症です。最近よく耳にするメタボリックシンドロームと密接に結びついており、コレステロール値が高い人はメタボ診断されています。中性脂肪値が高い人はldlコレステロール値も高い傾向になります。中性脂肪とldlコレステロール値を下げるには、過食や運動不足をさけストレスや喫煙、睡眠不足などの生活習慣を見直す必要があります。特に有酸素運動は脂肪を燃やすことができるので有効です。

症状をなおすには

脂質異常症をなおすには有酸素運動が必要ですが、非常にハードな運動をする必要はありません。1日30分以上のウォーキングで十分です。15分以上の運動により脂肪を燃やすことができますので、継続させる必要があります。日常生活の中で通勤に電車を使用しているのであれば1駅分歩くのも立派な運動になりますし、エレベーターを使わずに階段を使うことも運動になります。食生活でも肉類をさけて果物や野菜、魚や大豆を積極的に摂取することでコレステロール値を下げることができます。但し食生活と運動を数日間・数週間続けるだけでは脂質異常症は改善されません。最低でも3か月続けることで効果が見られてきますので、意識して継続する必要があります。